砂漠の華

ゲームと女性声優さん大好き大村さんの日記。ゲームで遊んだ話とお出かけした話が中心。あとは欲しいものや気になるもののメモ的なもの。

【TRPG】ソード・ワールド2.0 リプレイ

気づいたら凄まじい量が発売されているので
カタログを分離させようと思い立ちました。

まだ新米女神しか読めてないけど、リストアップしてわかる凄まじい量……!!

しかも、まだまだ新シリーズ展開もしてますね。

適宜更新できたら、いいなぁ。

2016/02/20 リスト作成 [【TRPG】ソード・ワールド2.0 リプレイ]の続きを読む
  1. 2016/02/24(水) 10:54:22|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TRPG】トリニティ×ヴィーナスSRS

トリニティ×ヴィーナスSRSは
超能力アクションバトル漫画「トリニティ×ヴィーナス」が原作のTRPG。

原作があるものの、原作を全く知らなくても問題なく遊べる。
簡単にいえば
"悪の秘密結社と戦うサイキックアクション"

プレイヤーはVIP能力者として
能力者と一般人の共存を目的にしてる組織「トリニティ」の
メンバーもしくは協力者として
VIP能力を使って世界を支配しようとしている
秘密結社「トリニティ」の野望を阻止するのが主な目的になる。

ゲームシステムはタイトルに"SRS"とついてる通り
F.E.A.R.社が提供している「スタンダードRPGシステム」を使用。
他のSRSタイトルと混ぜて遊ぶための記述もルールブックにある。

特徴として、シナリオは通常通りGMが作り進行していく以外にも
"シナリオクラフト"というものがあって
チャートを使い、シナリオを作りながら同時にゲーム進行ができる
という面白い遊び方も可能。
この場合は事前にシナリオを用意していなくても遊ぶことができ
やり方次第ではGMがいなくても遊ぶことができる。

基本的に1回のセッションで1本のシナリオを
確実に消化することを目指す作りになっている。
セッションはオープニング・ミドル・クライマックス・エンディングの
4つのフェイズに分けられていて、シーン制で進行していく。

また、TRPGはどうしてもプレイにある程度の時間が必要になるが
もっと手軽に遊ぶためのルールとして
「トリニティ×ヴィーナスSRSライト」というものもある。

プレイヤーキャラはSRS標準のキャラクター作成ルール通り
キャラクタークラスを3つまで選択しておおまかな部分ができるが
この作品では
物語上の役割(というかファンタジー系でいう職業的な部分)を
表す「ヒーロークラス」と
使用するVIP能力の種類を表す「VIPクラス」を
それぞれ一つ以上取得する必要がある。
他に自作することができる必殺技のような「アドバンスドVIP」や
簡易的な経歴を決め得られる「ライフパス」でキャラクターが作られる。

ヒーロークラスは
戦士のように前線に出て戦う"ストライカー"
聖職者のように支援を行う"オフィサー"
タンクのように敵の攻撃を食い止める"フォースガード"
魔術師のように敵を撃滅する"エグゼキューター"
の4つ。

VIPクラスは
エネルギーを操る"カテゴリ:V(エネルギー変性系)"
肉体や精神を操作する"カテゴリ:V(生命操作系)"
物質を変化させたり生み出す"カテゴリ:V(物質変性系)"
空間そのものを操作する"カテゴリ:I(空間変性系)"
事象そのものを操作する"カテゴリ:I(情報変性系)"
熱量を操作する"カテゴリ:I(熱量変性系)"
物体の組成や性質を変化させる"カテゴリ:P(組成変容系)"
自分の持つ技術を高める"カテゴリ:P(達人系)"
一般的に超能力といわれる能力の"カテゴリ:P(超感覚系)"
の9つ。

能力が何故かV・I・Pの頭文字からはじまるから「VIP能力」
能力の名前は覚醒時に頭に浮かんでくる。
V・I・Pではじまれば割となんでもいい模様。
ちなみにマンガにはPenginの能力者がいる。
Pengin。ペンギン。しかも、むっちゃすごい。
基本ルルブのサンプルにはPandaがいます。
これらは動物が能力に目覚めて……といった感じの模様。

特別な能力があるものの、日陰の存在というわけじゃなく
トリニティという組織自体が
警察が手に負えないVIP能力者が絡んだ犯罪を
取り締まる仕事をしているので
普通に、ヒーローモノみたいな感じ。



購入したきっかけがミンゴス&ダチャーンが参加した
リプレイのCDだったが
面白そうなので、いつかプレイしてみたい。 [【TRPG】トリニティ×ヴィーナスSRS]の続きを読む
  1. 2013/09/06(金) 10:09:03|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TRPG】ソードワールド2.0

"ソード・ワールド"の名前は冠しているものの
世界観や設定などは完全に変更されているので、ほぼ別物。

・クラススキル制
・使用するダイスは2d6
・ダメージ決定は威力表(前作でのレーティング表)を使う

と、ゲームの基礎は大体同じ。

舞台はフォーセリアとは別の「剣の世界」、"ラクシア"。
3本の始まりの剣が、所有されるために
世界に生命と魂をばらまき、人間も生まれた。
第一の剣に最初に触れた人間が始祖神ライフォスとなって
ライフォスの勢力は"人族"と呼ばれるようになった。
第二の剣は戦神ダルクレムとその眷族"蛮族"に力を与えて
第三の剣カルディアを賭けた両陣営の争いが起きた。
その争いの中でカルディアは自ら砕け散り"マナ"として
世界に散らばっていった。
神々が争いの末に眠りにつき、文明が起きては滅び
長い年月がたった今でも"人族"と"蛮族"の争いは続いている。

舞台となる現在までに神々の時代を含め3つの文明があった。
神々が起こした"神紀文明シュネルア"。
魔術の研究が盛んで、魔術体系を完成させた"魔法文明デュランディル"。
魔法のアイテムを活用して発展した"魔動機文明アル・メナス"。
アル・メナスを滅亡させた<大破局>(ディアボリック・トライアンフ)。
大破局によって多くの国が滅び
現在では生き残った国が一つの地域に寄り集まって
その地域の中で交易などを行っている。
交通網が寸断されて、地域間の連絡はほぼ断絶してる状態。
辺境などや北の大陸は蛮族の領域になっている。

"ラクシア"の神々は
シュネルアの時代に自ら始まりの剣に触れて
神格を得たとされる"古代神(エンシェント・ゴッド)"
古代神の導きで神格を得た"大神(メジャー・ゴッド)"
神格を得て日が浅い"小神(マイナー・ゴッド)"の三種に分かれ
古代神はほぼどの地域でも知られていて信者は力を発揮できるが
小神は一部の地域でしか十分に力を発揮できない。
こういった部分がルールにもしっかりと反映されている。
(信仰が薄い地域だと消費MPが増えるとか)

フォーセリアには主な神は六柱しかいなかったが
ラクシアには主な古代神だけでも八柱いる。
大神は九柱、小神は十柱。
主なものだけなので、まだいる(というか増える)。

種族も多い。というか増える。
種族ごとにさまざまな剣の加護や特性を持っている。
現在PCとして使用可能なのは以下の種族。
人間:人口の八割を占める人族。いわゆる人。平均的な能力。
 運命変転という剣の加護を持つ。
エルフ:森の民……ではなく、水辺や湖畔に住む美しい種族。
 剣の加護は水中でも地上と同じように行動できる、優しき水。
ドワーフ:優秀な戦士の適性を持つ短身頑強な種族。
 男性は濃いひげを生やした一般的なドワーフらしい姿だが
 女性は歳をとっても年若い少女の姿のまま。つまりロリババア化する。
 剣の加護は炎に対して完全な耐性を持つ、炎身。
タビット:身長1mくらいの二足歩行ウサギな種族。
 神の声が聞こえないのでプリーストにはなれないものの
 知力が高く、魔法使いとしての適性が高い。
 身体が小さく、貧弱な上に不器用なので戦士の適性はない。
ルーンフォーク:アル・メナスの時代につくられた魔法生命体。
 本能的に他の種族に仕えたい欲求がある。生まれながらの従者。
 神の声が聞こえず、妖精を見ることもできないので
 プリースト技能とフェアリーテイマー技能が習得できない。
 マギテックとしての適性が高い。
ナイトメア:他の種族から異形として生まれる種族。
 魂に生まれつき"穢れ"を持っていて、頭に角が生えている。
 このため、母体を傷つけ死なせてしまうことがあり
 忌み子として嫌われる。ただし、リルドラケンは卵生なので
 母体が傷つくことがなく、角で卵を自力で割って出てくる
 強い子程度の認識なので差別されることがない。
 どの種族から生まれても姿かたちは同じ。
 能力として異貌化することができる。
 異貌化すると肌が青白くなって、角が大きくなる。
 この状態だと魔法を使う際に鎧のペナルティなどがなくなるなど
 魔法戦士としての高い適性を持つ。能力値も平均的に高い。
 かわりに、剣の加護がつかえなかったり、銀に加えて
 元になった種族の属性が弱点になってしまったりと、弱点が多い。
リルドラケン:竜人。生まれ持った頑強な身体と、尻尾を格闘武器に
 出来るという特徴を持つ。剣の加護は飛行を可能にする風の翼。
 社交的な種族で、交易をなりわいにしている。ルールブック2で追加された。
グラスランナー:小人。マナに反応しにくく、MPを持たない。
 また、抵抗に成功した魔法の効果を完全に打ち消す。
 魔法使い技能の習得は可能。でもMPを持たない。
 ルールブック2で追加された。
シャドウ:レーゼンドール大陸からやってきた人族。
 黒に近い灰褐色の肌に暗闇を見通せる第三の目を持つ。
 魔法に対する耐性が高いが、MPが低くて魔法使いの適性はない。
 カルディアグレイスで追加。
フィー:古代種妖精。妖精だけど、実体を持つのでルーンフォークにも見える。
 フィーの魂は疑似的なもののため、神の声が聞けずプリーストにはなれない。
 また、魔動機が全く理解できず、マギテックにもなれない。
 体重が軽く、僅かに空中に浮いているが飛べるわけではない。
 魂が疑似的なため、蘇生も特殊になっていて
 4回まではペナルティーなしで蘇生するが、5回目には完全に死亡し消滅する。
 カルディアグレイスで追加。
フロウライト:体が透明な鉱石で出来ている種族。
 レベルが上がると金属鎧クラスに高い防護点を自力で獲得して
 MPが全種族最高ランクまで上がるが、HPは最低ランク。
 身体が鉱石なので呼吸や食事がいらず、毒や病気とも無縁で
 呼吸がいらないので水中でも重みで沈むが問題なく行動が出来る。
 ただし、薬草や薬の効果もない。
 呼吸がいらないというか、してないので、呼吸が必要な
 エンハンサー技能が習得できない。カルディアグレイスで追加。

蛮族は基本的にPCとして使用できないが
一部の種族は、バルバロステイルズやカルディアグレイスによって
PCとして導入することが可能になっている。

コボルド:小柄で直立歩行をする犬みたいな種族。
 蛮族の中では奴隷のように扱われている。
 ときにそのような環境から逃げ出して、人族社会にやってきて
 手先の器用さを生かして労働力として受け入れられていたりする。
ドレイク:強大な力を持つ蛮族のリーダー格。
 他の蛮族を従えて軍勢を作っていることが多い。
 美しい人間の姿に二つの太い角と、大きな翼が生えている。
 常に魔剣を持っていて、力をとりこんで巨大なドラゴンになる。
 貴族階級に沿った格付けが存在する。
 現在はバロン、バイカウント、カウント、マーキス、王が確認されてる。
 リルドラケンのように卵から生まれ、生まれたときに魔剣を抱えている。
 魔剣がドレイクの力の源で、破壊されることは死を意味する。
 魔剣を破壊されたものや、まれにいる魔剣を持たずに生まれたものは
 蛮族社会から放逐されて、中には人族社会にやってくるものもいる。
ラミア:人間の女性の上半身に、蛇の胴体が繋がった姿の蛮族。
 生きていくためには若い人族の血が必要になるので
 人に化けて人族社会にまぎれて生活している。
 人族とは共生しているので、積極的に敵対しようとしない。
ライカンスロープ:人間が儀式によって人間の姿と
 半人半獣の姿を手に入れた種族。
 他の蛮族とはあまり交流せずに独自の勢力を築く。
ウィークリング:生まれつき"穢れ"が少なく
 本来の能力が低くなった蛮族の総称。
 魔剣を持たずに生まれたドレイクもこの中にはいる。
 コボルドは穢れを1点しか持たないので、ウィークリングが存在しない。
ラルヴァ:人間とヴァンパイアのハーフ。
 魔法戦士として高い適性を持っているが
 ヴァンパイアのように太陽の光に弱く、人間よりも打たれ弱い。
 大半はヴァンパイアを憎悪し、可能な限りのヴァンパイアを滅ぼして
 人間として死ぬことを望む。

技能も数多く存在する。そして増える。

ファイター:戦士。
 基本的な戦闘系技能。
 飛び道具以外のあらゆる武器を扱える。
フェンサー:軽戦士。
 1.0のシーフ技能から戦闘能力をとりだしたような技能で
 重量のある装備は持てないが、高いクリティカル値を持つ。
 成長に必要な経験値が少なく、成長させやすい。
グラップラー:拳闘士。パンチやキック、投げなどの格闘技で戦う。
 フェンサー以上に装備の制限がきつい。
シューター:射手。飛び道具しか扱えない。
 飛び道具を使うには必須な技能。
ソーサラー:魔術師。
 攻撃や便利な魔法が中心の真語魔法を使う。
コンジャラー:操霊術師。
 支援や補助、ゴーレムの作成が中心な操霊魔法を使う。
 蘇生魔法も含まれる。
プリースト:神官。
 神を信仰し、回復や防御を中心とする神聖魔法を使う。
 1.0では暗黒神を信仰する神官はダークプリースト技能を持ったが
 2.0では暗黒神にあたる第二の陣営の神を信仰しても
 技能としては同様のプリーストになる。
フェアリーテイマー:妖精使い。
 精霊ではなく、妖精の力を借りて妖精魔法を使う。
 妖精と契約した宝石が必要。
 ウィザーズトゥームで妖精との契約を中心に
 大きなルール改訂があった。
マギテック:魔動機師。
 古代魔動機文明の魔法の道具"マギスフィア"を用いた魔動機術を使う。
 魔法系技能だが、鎧のペナルティがなく、能力強化など補助的なものが
 多いので戦士系の補助用技能として適している。
 乗り物や爆弾などを一時的に作り出すことも可能。
 ガンと併用するものもあるので、シューター技能とあわせて
 とることが多い。
スカウト:斥候。
 1.0のシーフから戦闘能力を除いたもの。
 つまり、鍵開けや罠解除、隠密行動やスリ、変装などの技能。
レンジャー:野伏。
 1.0のレンジャーから戦闘能力を除いたもの。
 野外行動のエキスパート。
セージ:学者。
 言語や各種知識に長けている。
 魔物知識で弱点を看破することができ
 戦闘を有利に運ぶために重要になる。
エンハンサー:練体士。
 マナを使って肉体を変化させる、練技を使う。
 MPを消費して自身の能力を強化する技だが
 この技能ではMPが上昇しない。
バード:吟遊詩人
 楽器演奏や呪歌でさまざまな影響を与える。
ライダー:騎手
 騎乗動物や乗り物をのりこなすための技能。
アルケミスト:錬金術師
 素材を使ってマジックアイテムを作りだしたり
 カードを用いる賦術で補助を行う技能。
 アルケミスト・ワークスで追加。
ウォーリーダー:軍師。
 味方を鼓舞する能力やスカウトのように先制判定ができる技能。
 名誉点の上昇によって効果範囲が強化される。
 カルディアグレイスで追加。
ミスティック:占者。
 HPやMPを消費して味方の強化を行ったり
 不運な出来事を回避する"占瞳"を持つ。
 カルディアグレイスで追加。
デーモンルーラー:魔神使い
 異界から魔神を召喚して使役する。
 魔神との契約に失敗するとほぼ確実に死ぬので上級者向け。
 カルディアグレイスで追加。

技能の成長には経験点が必要で
技能によって、Aテーブル・Bテーブルにわかれる。
Aテーブルにくらべ、Bテーブルは補助的な技能が多いが
成長に必要な経験点は少なく、成長させやすい。

技能とは別に、戦闘技能が存在し
キャラクター作成時と冒険者レベルが奇数に上がった時に
取得ができる。
また技能が特定のレベルに達したときにも
その技能とレベルに応じた特定の戦闘技能を取得する。
1.0では戦闘時の行動オプションだった「全力攻撃」や
「魔法の拡大」などが戦闘技能になっている。

基本的にはファンタジーだが
ルーンフォークのような人造人間や
マギテック技能のような機械的なものがあるなど
伝統的なファンタジーに留まらないものになっている。

以下、ルールブックなどのカタログ的なもの。

2016.02.20:大規模追加 リプレイを独立記事化 [【TRPG】ソードワールド2.0]の続きを読む
  1. 2013/09/02(月) 12:30:41|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TRPG】迷宮キングダム

迷宮キングダム 略して まよキン

迷宮災厄によって世界そのものがダンジョンになってしまった!
百万迷宮と呼ばれる迷宮化した世界でPCは国を創る者、ランドメイカーとなって
ダンジョンの中に王国を作り、民を従え国家を運営する。
国家運営とダンジョン探索、両方を行うゲーム。
ゲームバランスは少々シビアだけど、救済用ルールも多い。

ランドメイカーは、民から信頼を受け王国を運営する人々のことで
PCは全員、このランドメイカーである。クラス(役割)は次の6種類。

国王
 王国の中心になる人物。このクラスは絶対に必要。
 国家における全ての最終決定権を持つ。一応。
 能力は他者の行動を強化したり、国民の数を自分の力にする。
大臣
 王国の政治を取り仕切る。予算会議とか国庫に絡むときはこの人の出番。
 能力は他者の失敗をフォローしたり、他国との友好関係を良くする。
騎士
 王国の軍事を取り仕切る。戦闘に秀でたクラス。
 能力は相手によって大きな打撃を与えたり、戦争を有利に進める。
神官
 王国の信仰を取り仕切る。唯一の回復魔法持ち。
 能力は少しの人間の傷を多く癒したり、沢山の人間の傷を少し癒したり。
忍者
 王国の治安を取り仕切る。騎士と違って裏から国を守る感じ。
 他者の身を守ったり、通常より多く動き回る能力を持つ。
従者
 他のランドメイカーの手助けをする、雑務担当。
 他者のやる気を出させたり、他者の能力の切り替えを手伝う能力を持つ。
 ジョブを二つとれる。

ジョブ(職業)は親から引き継いだ職業。最初はランダムで決定する。
国の施設【転職所】を建てれば好きなジョブを選べるし
転職条件を満たすと上級ジョブになることもできる。

能力値は[才覚][魅力][探索][武勇]の4つ。
才覚はイニシアティブ判定、魅力は連れていける配下の上限
探索は捜索と攻撃の回避判定、武勇は命中判定などに使われる。
クラスによって割り振りに差が出るし、ジョブによって変動もする。

ヒーローポイントが2種類あって[民の声]というPT全員が使えるものと
[気力]というキャラそれぞれが持つもの。2つを総称して[希望]と言う。
[希望]は判定の2D6を振る時に使った[希望]1点につきサイコロを1個追加して
すべての出目の中からいいもの2つを選べる。
[民の声]がPTの人数と同じ数まで減少すると"王国災厄表"を振って
出目に応じた災厄が降りかかるルールがあるので、使い過ぎには注意!国が無くなる可能性が!

このゲームのキャラ作成の特徴の一つにキャラ名表・二つ名表がある。
ダイスでキャラの名前と二つ名を決められるが…変な名前が多い。
好きなものと嫌いなものを決めたり、達成する使命を決めたり……。
また、感情値というのがあって
PCが別のPCに[好意](忠誠/友情/愛情)や[敵意](怒り/不信/侮蔑)を持つことがある。
人間関係によって片思いしたり、恋人になったり……!
好意の分だけ対象の判定の達成値を上昇できる協調行動なんてものもある。

王国を運営することになるので、王国に関することも決める必要がある。
キャラ名同様変な名前の混ざった国名表。
王国レベルは民の総数で決まって、民が増えればレベルアップしていく。
国力は[生活レベル][文化レベル][治安レベル][軍事レベル]の4つ。
生活レベルが上がれば、次の冒険に繰り越せるお金の上限が増えたり
購入できるコモンアイテムの価格の上限が上がる。
文化レベルが上がると、逸材の使用回数が増える。
治安レベルが上がると、王国変動表で民の上昇率が上がる。
軍事レベルが上がれば、シナリオ中に消費した配下がレベルの分だけ回復できる。
お金をためて施設を建てたり、通路を増やしたり、領土を買ったり……
他の国との関係も大切。関係には[同盟][友好][中立][険悪][敵対]がある。
王国の維持にはもちろんお金がかかる。

やってみたいなぁ……

以下、ルールブックや関連商品の紹介。 [【TRPG】迷宮キングダム]の続きを読む
  1. 2010/01/21(木) 16:36:55|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【TRPG】クトゥルフの呼び声/クトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話とは
アメリカの小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが1952年に発表した
ホラー小説「Call of Cthulhu(クトゥルフの呼び声)」の小説世界をもとに
友人の作家たち等の間で設定の共有を図って作り上げられた架空の神話体系。

そしてクトゥルフの呼び声やクトゥルフ神話TRPGは
そのクトゥルフ神話の世界観を体験するホラーもののTRPG。
翻訳版はホビージャパン版が「クトゥルフの呼び声」
エンターブレイン版は「クトゥルフ神話TRPG」になっている。
d20システムを使った新紀元社版の「コール・オブ・クトゥルフ d20」というのもある。

クトゥルフ神話の世界観では
自分たちの住むこの宇宙は強力な力を持つ邪悪な神々に支配されていて
地球の人間など、ごみのような存在にしか過ぎない。
ごみのような存在ゆえに、宇宙の神々は人間など気にも留めずに放置していて
そのおかげで生き延びているだけ。
でも、ふとしたきっかけから人間たちは宇宙の真実の欠片を手に入れてしまう。
たとえば、古代神殿に残された未知の神像。
たとえば、路地裏の古書店の隅にあった作者不明の秘術の本。
そこから知的好奇心によって深淵なる宇宙の闇に眠る神々の姿を覗こうとして
例外なく、その者は破滅の道をたどる...という基本的なコンセプトがある。

プレイヤーは様々なきっかけから宇宙的恐怖について調査するはめになる人間を演じる。
基本的に、宇宙的恐怖について知れば知るほどPCは破滅に近付く。
ゲームとしては(パラノイアほどではないが)PCの死亡率は高く、無傷でシナリオを解くのは不可能。
「恐怖を楽しむ」ことが目的で、ホラー映画を見るような感じで遊ぶゲーム。

基幹システムはベーシック・ロールプレイングを採用。
PCはシナリオの舞台になる時代・地域ごとにリスト化された職業リストから1つを選んで
その職業に適する技能を習得していく。
このゲームではPCを「探索者」、GMを「キーパー」と呼ぶ。

他のゲームと比べると戦闘に関するルールはかなり簡略されてて
代わりに文献調査に関するルールが厳密に作られている。
なぜなら、クトゥルフの呼び声で再現されるシチュエーションに
「古代の魔導書や研究者の残した日記を読み返す」というものが多いから。
一見不自然に思えるかもしれないが、ラヴクラフト小説の多くが
"宇宙的恐怖の被害にあったものが残した手記による回想"という形式で書かれているので
被害者の日記などを読み返すのは、このゲームでは最も重要な情報源になることが多い。

このゲームの特徴的なルールに「正気度(SAN値)」がある。
どれだけPCが理性を保っていられるか、という数値。

ショッキングな出来事に遭遇したり、宇宙的恐怖に関する知識を知ってしまったときに減る。
これが多く減るとPCは狂気に陥って奇異的な行動を行う。
狂気は「一時的狂気」と「不定の狂気」があって、一時的なものは数分から数時間でおさまる。
不定の狂気に陥ると精神病院で適切な治療を受けないと元に戻れない。恐怖症などの精神的疾患を残す場合もある。
正気度が完全に0になると完全な狂人になって、二度と正気には戻れない!この状態になるとPCはNPC扱いになる。

事件が解決すると安堵感から回復するが、減少量より少ないのが普通。
解決できずに生還するだけでも回復するけど、回復量はさらに減る。
宇宙的恐怖に対抗するには知識を深めて対抗策を講じるしかないが
【クトゥルフ神話】スキルが増えるほど正気度の最大値が減るので
一時的に宇宙的恐怖に勝利しても、最終的には破滅へと向かっていくことになる。

正気度は魔法を使っても消耗する。この世界の魔法は宇宙的恐怖にかかわるものだから。
宇宙的恐怖の信奉者はこれ以上発狂しようがないので、MPが許す限り魔法を使える。
ほとんどの魔法は召喚魔法で、怪物が魔法を使うことは少なくないが
魔法を使えるような怪物が相手なら大抵の場合は戦う前に勝負がついてる。

ホラー好きならきっと楽しめると思う。

参考になるサイト:
Red Worm Sanatorium(赤虫療養所)
かとぅり庵 HPL資料館
終末同盟
大凡々屋
とらのあな
湖の隣人の小屋
ひきだしの中身
闇匣
妖蟲世界 [【TRPG】クトゥルフの呼び声/クトゥルフ神話TRPG]の続きを読む
  1. 2010/01/21(木) 14:52:39|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TRPG】パラノイア 紹介

PARANOIAは最も完璧で幸福な楽しいゲームです!!

このように完璧で楽しいゲームに出会えた私は幸せです!コンピュータ様!

PARANOIAとは完璧な親愛なるコンピュータ様によって
完璧に!幸せに!管理された都市"AlphaComplex"に暮らす市民に扮して遊ぶゲームです。
完璧に管理されたユートピアで完璧に幸せな市民になる!
これが面白くないわけがありません。

コンピュータ様は我々のよき友人であり
このAlphaComplexを完璧に管理し、市民が常に幸福であるように見守っています。
都市機能の全てはコンピュータ様の完璧な管理で維持されています。
市民はコンピュータ様の完璧な指示に従い、AlphaComplexのために奉仕をしています。

しかし……AlphaComplexの中には、反逆者がどこにでも潜んでいます。
善良なる市民は反逆者を見逃してはいけません!見つけたらすぐに射殺すべきです!
反逆者を見逃すことは反逆です。
反逆者はどこにでも潜んでいて、コンピュータ様を……AlphaComplexを破壊しようとしています!
一見、善良な市民に見えても、実は反逆者かもしれません。
完璧であるコンピュータ様や、上位クリアランスの市民に従わない。
完璧であるはずの市民が間違いをおかす。
幸福であるはずの市民が幸福でなさそうにしている。
完璧で清潔なAlphaComplex内で不潔な状態でいる……これらは全て反逆です!
AlphaComplexの破壊を狙うコミー(共産主義者)は言うまでもなく反逆者です!
突然変異で超能力が使えるミュータントもまた、反逆者です。
完璧に管理されて生まれてくる市民に突然変異などありえません!
市民たちはトラブルシューターとなり、このような反逆者共を駆逐してください!

完璧な市民なら、当然成し遂げられるでしょう。

大体こんなゲームです。
まぁ、普通に説明しよう。

PARANOIAは1984年にWestEndGamesから発売されたTRPG。
人気のある第二版は1987年発売!俺の生まれた年!
現在はWestEndGamesは倒産していて、版権が譲渡されたMongoosePubから2004年にXPが発売。
そして初版発売から25周年の2009年に最新版が発売された。

舞台はサンフランシスコにあるコンピュータが支配(管理)する地下シェルター都市「アルファコンプレックス」。
小惑星の衝突によってネットワークから孤立した各都市のコンピュータは
断片的な情報から共産主義国家による核攻撃中であると判断。
結果、全ての都市は共産主義者に制圧され、自都市のみが正常であるという結論に至る。
以後、数百年によってコンピュータは"共産主義者の攻撃"と"汚染"から市民を隔離する。
西暦は使用されておらず、コンピュータ歴が使われている。(XP時でコンピュータ歴214年)

市民は階級を持ってる。
階級は上から順番に
UltraViolet(白)>Violet(紫)>Indigo(藍)>Blue(青)>Green(緑)>Yellow(黄)>Orange(橙)>Red(赤)>InfraRed(黒)
アルファコンプレックスではあらゆる情報や区域にセキュリティ・クリアランスが設定されてて
自分のクリアランス以上の情報にアクセスしたり、区域に侵入したりすると反逆罪になる。
自分より上位のクリアランスを持つ者に服従しない場合もやっぱり反逆罪になる。

簡潔に言ってしまうと
都市を管理しているコンピュータは狂ってます。バグってます。
でも、コンピュータ自身は自分は完璧に正しいと信じ込んでる。
ただでさえバグってるのに、コンピュータのプログラムを握るごく一部の特権階級が
自分の都合がいいように勝手にプログラムを改変。
ってことで、どんどんコンピュータが狂ってきます。

狂ってるけど自分は完璧で正しいと信じてるコンピュータ。
そんな自分の管理から逸脱した市民は「反逆者」ということで、即処刑というとっても単純な処罰で片づけていきます。
しかも、些細なことで反逆者認定される。
コンピュータの中の前提として
「コンピュータは完璧である」
「完璧なコンピュータが管理するアルファコンプレックスの市民は完璧である」
「完璧な生活をしている市民は幸福である」
ってのがあって、これから逸脱すれば反逆者、ということになる。
従わない・間違える・幸福でない・不潔である……
完璧で常に幸福な人間などいるはずがない。でも、そうでなければ処刑される。
誰でも反逆者にされる可能性がある恐怖の都市アルファコンプレックス。

コンピュータは多くの場所にカメラを設置して常に市民を見張っているし
反逆を見逃すことも反逆とみなされるので
ほかの市民からも処刑される可能性は大いにある。

しかも、プレイヤーは普通の市民よりも処刑される可能性は高い。
ゲーム開始後、上位クリアランスから無理難題を押し付けられては、それを解決するように動かなくちゃいけない。
上位クリアランスの命令は絶対!だけど、大抵の場合、任務は事実上完遂は不可能。
任務対象の敵が実は存在してなかったり、必要な情報が自分のセキュリティクリアランス以上で閲覧できなかったり
なんとかして情報手に入れたら反逆罪だし、それでなくても何か行動を起こすたびガイドラインに引っかかって反逆罪にされたり
上位クリアランスの機嫌を損ねても反逆罪、こんな悲惨な世界だけど幸福そうにふるまってなかったらやっぱり反逆罪。

残機制でクローンが6体与えられる。でもあっという間に処刑されてクローンは減っていくよ!

任務に失敗しても反逆罪。

そんなゲームです。

あ、そうそう。
プレイヤーはミュータント(特殊能力者)な上に、共産主義者だったり、秘密結社のスパイだったりします。
ミュータントもコミーも、コンピュータに認められてない結社も反逆です!
ってことで、これらのことがバレても処刑対象になります☆

このゲームでは仲間は協力するための存在ではなく、自分が生き残るための犠牲にする感じ。
そこらじゅうにあるデストラップを仲間の尊い犠牲で回避したり、任務失敗時のスケープゴートにしたり……
もちろん、ほかの人もそれを狙ってるのは言うまでもない。

Stay alert!Trust no one!Keep your laser handy!

それがこのゲーム。

実際にやるにはかなりノリのいいメンバーじゃないとダメだと思います。


パラノイアがよくわかる動画。


オススメサイト:
『パラノイア』紹介
Paranoia O 日本語版 オンライン用ハウスルールの日本語版。
義務幸福 リプレイがおいてある。
奉仕の会 PARANOIAの解説本を出している同人サークル。

以下、関連商品のメモ。
注意:英語はものすごく苦手なので、関係ないものまで混ざってる可能性があります。 [【TRPG】パラノイア 紹介]の続きを読む
  1. 2010/01/19(火) 13:11:11|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TRPG】ソードワールド 紹介

実際にやったことあるTRPGはこれくらい。
初心者向けだと思う!使うダイスは一般的な6面ダイス2個。

現在は2.0が出てるけど、世界観などが違うので
ここでは2.0以前のものを紹介。


舞台はフォーセリアという異世界。
神々が肉体を失い、古代の魔法王国が滅び、剣の時代を迎えた世界。
まぁ簡単にいえばよくある剣と魔法のファンタジーな世界。

プレイヤーはこの世界で暮らす冒険者に扮してGMが用意する冒険などに挑む。
冒険者は遺跡発掘や困っている人の依頼の報酬などで生計をたてている。
プレイヤーは年齢・性別・種族・出自・技能・能力値を選択したり、ダイスで決めてキャラクターを作ったり
シナリオ集などに載ってるサンプルキャラクターを使って遊ぶ。

プレイヤーが選べる種族は人間・エルフ・ドワーフ・グラスランナー・ハーフエルフの5つ。

人間:自分たちと同じ種族。違うのは魔法を使えることくらい。
 平均的な身体能力を持ち、すべてのルーンマスター技能が取得可能
エルフ:森に住む美しい容姿を持つ種族。器用・敏捷・知力が高いが、筋力と生命力が低い。
 シャーマン技能Lv1を持つが、プリースト技能は取得できない
ドワーフ:洞窟に住むずんぐりむっくりな種族。歩く酒樽といわれるほどの酒好き。
 筋力・生命力・精神力が高いが、敏捷・知力が低い。
 暗闇を見通す能力を持ち、Lv5のクラフトマン技能(一般技能)を持つ
 また、プリースト技能以外のルーンマスター技能が取得できない。
グラスランナー:草原に住む小さな妖精族。大人でも人間の子供程度の大きさ。
 器用・敏捷・精神力が高いが、筋力がものすごく低い。
 Lv1のシーフ・レンジャー技能を持つが、いかなるルーンマスター技能も取得できない。
 昆虫や植物との意思疎通が可能。
ハーフエルフ:人間とエルフのハーフ。人間同士でも隔世遺伝でエルフやハーフエルフが生まれることがある。
 能力値は2種族の中間くらい。技能は人間に育てられたか、エルフに育てられたかで変わる。

1キャラで取得できる技能には制限がない、スキルクラス制。
技能には冒険者技能と一般技能の2種類。
一番高い冒険者技能のレベルがキャラクターのレベルになる。
冒険者技能はシナリオクリアなどで得られる経験点を使ってレベルアップをしていく。

冒険者技能は以下の8つ。

ファイター
 戦士。あらゆる武器・防具を使いこなす戦闘職。自分の筋力までの武器・防具を装備できる。
シーフ
 盗賊。盗みやスパイ活動以外に、暗殺術にも長ける。
 隠密行動などは動きを妨げたり大きな音を出す重い金属鎧をつけてると行えない。
 戦闘時にも技能が使えるが、自分の筋力の半分までの武器・防具しか使えない。
 戦闘時に技能を使うと、クリティカル値-1で判定が行える。
レンジャー
 野伏。野外活動のエキスパート。危険察知以外に飛び道具の扱いにも長ける。
 一部の技能はシーフと同じような理由で重い金属鎧をつけてると行えない。
 戦闘の攻撃時に飛び道具を使う場合はこの技能で判定ができる。自分の筋力までの武器が持てる。
セージ
 賢者。様々な知識に長けていて、冒険に役立つ知識も数多い。
 また、言語知識もあるので、技能レベルが上がるごとに
 特定の言語の会話、または読解が行えるようになっていく。
バード
 吟遊詩人。歌唱や楽器演奏が得意で、それを使って路銀を稼ぐこともできる。
 伝承知識や言語(会話のみ)にも長けている。
 また、呪歌とよばれる特殊な曲を使って、他者の精神に様々な影響を及ぼす。
 呪歌の大半は笛などの演奏しながら歌えない楽器でも使えるが
 歌詞にのせて語りかけるようなものだと歌う必要がある。
 メロディが奏でられない太鼓などは使うことができない。
ソーサラー
 滅びた古代王国の時代に世界を支配した力、"古代語魔法"を使う魔術師。
 両手を使う必要があるので、手がふさがっててはいけないし、防具も軽いソフトレザーまでしかつけられない。
 また、スタッフなどの魔法の発動体がないと、魔法を使うときにペナルティがある。
シャーマン
 精霊使い。世界に満ちる精霊の力を借りて魔法を使う。
 片手があいていないと魔法が使えず、精霊が嫌うので銀・ミスリル以外の金属鎧をつけてても魔法が使えない。
 また、精霊の力を借りる必要があるので、対応した精霊力が働いてないと魔法が使えない。
プリースト
 司祭。神に祈って"神聖魔法"を使う。宗派を決める必要がある。
 選べるのは六大神の至高神ファリス・戦神マイリー・知識神ラーダ・商売神チャ=ザ・大地母神マーファ。
 その他では鍛冶神ブラギ・芸術神ヴェーナー・匠の神ガナードなども選べる。
 六大神のうちの暗黒神ファラリスや破壊の女神カーディス・名も無き狂気の神などは信仰対象として選べない。
 共通した神聖魔法以外に信仰している神毎の魔法が使える。

一般技能は冒険者技能と違って経験点で取得やレベルアップが行えない。
出自などによっていろいろな技能をもっていることがあったり
ドワーフはクラフトマン技能を持っている。基本的にはGMの裁量による。
文庫版にはマーチャント(商人)・クラフトマン(職工)・ヒーラー(医師)の技能が載ってる。

判定には2D6(6面ダイス2個)を使う。
基本的には「技能レベル」+「能力値ボーナス」+「ダイスの出目」の合計値を
GMが設定した基準値と比べて、基準値を上回れば成功。
6ゾロは自動的成功、1ゾロは自動的失敗。(ファンブル/致命的失敗は存在しない)
ダメージの決定にはレーティング表を使用する。
打撃力や魔法の強さをキーナンバーにして、2D6の出目でダメージが決まる。
また出目がクリティカル値(10が多い)を上回ると、もう一度2D6を振ってダメージが足せる。
どんどん回せば非力でも敵を一撃で倒せる可能性もあって楽しい。
が、ダメージ計算にはレーティング表を見る必要があり
暗算ができないので計算に時間がどうしてもかかるのが難点。

以下、折りたたみにはルールブックや関連商品の紹介。 [【TRPG】ソードワールド 紹介]の続きを読む
  1. 2010/01/18(月) 11:07:56|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【TRPG】テーブルトークRPGって?

同年代で知ってる人が少ないTRPG。
自分はたまたま中学時代にソードワールドのリプレイを手にとって、ハマった。

ルールブックを買って、友達数人にリプレイを読ませて
仲間を集めてやってみた。
初心者だらけのgdgdプレイだったけど、あれはあれで楽しかった。

最近、iM@SのTRPG動画を見ててやりたくなった。
が、周り(特に年代近い人)には知ってる人が少ないかもしれない!
ってことでとりあえずどんなものか紹介しよう。



テーブルトークRPGとは…テーブルトーク・ロールプレイングゲーム!
鉛筆などの道具と参加者の会話、ルールブックを使って遊ぶ、対話型のロールプレイングゲーム。

必要なものは……頭数!
ゲームマスター(GM)と呼ばれる役割が一人と、複数人のプレイヤー。
ゲームマスターは事件や登場するNPCの役をしたり、ルールに沿って判定を行ったり……
簡単にいえば、ゲーム機のRPGならソフトが行ってくれる処理を行う役目の人。
ゲームシステムによって呼び方は様々。ダンジョンマスターだったり、ウルトラヴァイオレット様だtt(ry
シナリオ作成を行ったりもするので、大抵は慣れてる人がやる役だと思います。
そしてプレイヤーは自分が操るキャラクター(PC/プレイヤーキャラクター)をそれぞれ作成して
そのゲーム世界の住人になり、GMの用意した課題に挑戦する。
ダンジョンを探索したり、謎を追いかけたり……お話は様々。
参加者次第でいろんな展開をしていくのがTRPGの面白いところ。

もちろん、会話だけではTRPGは成立しない。
ごっこ遊びとは違って、宣言しただけでは大半の行動は認められない。
各種データやルールにのっとって判定して、その行動の成否を決める。
判定には大抵、ダイス(サイコロ)を使う。トランプなど別のもので判定するゲームもある。
サイコロにも種類は沢山。
おもにつかわれるのはD6(六面体)・D10(十面体)・D20(二十面体)あたりかな?

D6:ソードワールド/フォーチュンクエストRPG/迷宮キングダム/マギウス
D10:クトゥルフの呼び声 D20:パラノイア
  

キャラクターシートを書くための筆記用具もいる。
割と頻繁に書きなおすことがあるので(所持金とか)
ボールペンとかじゃなくて、シャーペンみたいに消しゴムで消せるほうがいい。

GMやPCがゆったりプレイできる場所も必要。
誰かの家に集まるとか、市民館みたいな公共施設の一室を借りるとか。
メンバーが遠方で集まるのが難しい場合は、オンラインで行うという方法もある。
が、面と向かってしゃべるよりはるかに時間はかかってしまうのが難点。

お菓子や飲み物、これは忘れちゃダメ。
プレイ時間が結構長いんだよね。自分たちでやってたときは、3~4時間くらいかかってた。

もっとも必要なものは、ルールブック!
いろんなゲームシステムが出ているので全部紹介はさすがに大変すぎる…!
ってことで順番に所有しているものや興味があるものを紹介していく予定です。 [【TRPG】テーブルトークRPGって?]の続きを読む
  1. 2010/01/13(水) 17:26:08|
  2. TRPGカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ内検索

プロフィール

大村レオナ

Author:大村レオナ
アイマスガールズ大好きなミン族。
Pな気がするけど、経緯が経緯なためか
担当アイドルと言われてもティンと来ない。
765アイドルみんな好き。876もジュピターも。
デレマスアイドルも好き。

アド:leona_oomura☆outlook.com(☆=@)

主にやるネトゲのキャラは↓
RO : Lif鯖(旧Verdandi/メイン)
 ♀:100皿/100AB/95影葱
  :79占/79クリエ/96魔/29盗
 ♂:64BS/65修/70暗/57騎/67鳥/37忍 他
 Radgrid鯖(旧Fenrir/元メイン)
 ♀:96暗/85修/71BS/66賢/52錬/30盗
 ♂:80鳥/72聖/83賢/52魂 他
FEZ : Jeremiah(元D)鯖ネツァワル王国
 40短剣/38 弓/33火皿
 37両手/31片手/31雷皿
 34 笛/32セス/?? 銃
 30大剣/24氷皿/28重力
 21隕石/24盾皿 他国サブ有
LWO : マイリー
↓ほぼ休止。たまにやる。
Mabinogi : タルラーク鯖(メイン)
 戦闘特化/生産特化/小熊/白蛇
 他倉庫状態のサブ垢
 マリー鯖(サブ)
 二刀魔法剣士/演奏家?
WO : アルバロア鯖(旧ナイトカイト/シュナト)
 ♀PorTHI/♂DwaTHI/♀ElfMAG
 ♂HumFIG
MHF : サーバー2
アスガルド : イア鯖
ルーハー : アトリア鯖
LS : クラウド鯖

リンク

このブログをリンクに追加する

棚(ブクログ)

XBOXGamerCard

PlayStationTrophyCard


Get your Portable ID!

カテゴリ

◆目次 (1)
◆日記 (264)
日常の出来事 (117)
おでかけ日記 (135)
歯医者さん記録 (11)
肩骨折の介護記録 (0)
◆社寺・御朱印 (34)
社寺・御朱印アレコレ (3)
社寺情報 (4)
御朱印・参拝の記録 (27)
◆声優関係 (30)
◆レポのようなもの (97)
◆ゲーム[全般] (7)
ゲームのアレコレ (3)
ゲームカタログ (3)
◆オンラインゲーム (913)
オンラインゲーム 色々 (2)
RagnarokOnline (529)
Fantasy Earth ZERO (300)
マビノギ (10)
ロードス島戦記オンライン (5)
ルーセントハート (7)
モンスターハンターフロンティア (1)
WizardryOnline(終了) (7)
SDガンダムCFO(SDGO)(終了) (3)
MonsterFarmOnline(終了) (24)
MonsterFarmLagoon(終了) (21)
ルビニアサーガ(終了) (2)
ValkyrieSky(終了) (2)
◆PCゲーム (77)
PCゲーム 色々 (2)
Stronghold (4)
MineCraft (4)
GTA SA (2)
MUGEN (2)
ブラウザゲーム (1)
艦隊これくしょん (43)
刀剣乱舞 (17)
クッキークリッカー (2)
◆コンシューマ[据置/携帯機] (248)
家庭用ゲーム 色々 (30)
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド (23)
アイドルマスター(無印) (1)
アイドルマスター2 (3)
アイマス シャイニーフェスタ (4)
Assassin's Creed (2)
Assassin's Creed 2 (11)
Assassin's Creed Brotherhood (6)
Assassin's Creed Revelations (2)
Assassin's Creed 3 (1)
幻想水滸伝 (14)
幻想水滸伝2 (13)
モンスターハンターP2G (5)
モンスターハンターP3 (5)
モンスターハンター4 / 4G (11)
モンスターハンタークロス / ダブルクロス (14)
とびだせ どうぶつの森 (46)
コープスパーティーBR (2)
無双シリーズ (1)
コラボ無双シリーズ (3)
牧場物語ハーベストムーン (1)
マリーのアトリエ (6)
ぬし釣り64 (1)
ドラゴンクエスト5 (16)
ドラクエヒーローズ (15)
ドラクエヒーローズ2 (6)
聖闘士星矢戦記 (4)
ロストプラネット2 (2)
◆モバイル/iPhone (434)
iPhoneアプリ 色々 (3)
アプリゲーム (18)
モバゲー/グリー (17)
アイマス モバイル(終了) (2)
アイマス シンデレラガールズ (99)
アイマス ミリオンライブ / SideM (14)
グランブルーファンタジー (97)
Fate/GrandOrder (38)
Wizardry Schema (28)
ぷよぷよクエスト(タッチ) (56)
ポケモンGO (13)
ファイアーエムブレムヒーローズ (11)
スーパーロボット大戦X-Ω (13)
テイルズオブアスタリア (5)
シャドウバース (14)
メルファリアマーチ(終了) (4)
ひぐらし(携帯アプリ) (2)
◆非電源ゲーム (95)
非電源ゲーム 色々 (1)
非電源ゲームカタログ (37)
TRPGカタログ (8)
卓ゲプレイ記 (49)
◆制作物 (4)
◆その他 (25)
◆キャラ紹介とか (15)
◆リンク (10)

最近の記事

コメント

トラックバック

バナー

0023_CPサポーターズアイコン

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

足跡

著作権等

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 / ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. / Amazon.co.jpアソシエイト