砂漠の華

ゲームと女性声優さん大好き大村さんの日記。ゲームで遊んだ話とお出かけした話が中心。あとは欲しいものや気になるもののメモ的なもの。

【ボドゲ】ゾンビタワー3D

 
倒壊している上に、ゾンビが溢れるビルに取り残されたプレイヤーたち。
生存者を助けながら、壁の向こうの他のプレイヤーたちと協力しながら脱出を目指すゲームです。

3Dの名の通り、3階建ての立体的なビルのボードを舞台にプレイを進めます。
倒壊が進んでいるため、行き来はできず、他のプレイヤーのスペースは見ることができません。
ただし、声は届くので状況を伝え合ったり、ところどころ壁の穴からアイテムを受け渡せます。

ビルの部屋にはゾンビと生存者がランダムに登場します。
ゾンビから逃げながら、生存者を助け、脱出に必要なキーアイテムを集めていくことになります。
ゾンビはプレイヤーよりも生存者を優先して狙いにいく習性があります。
これもゲームを進める上では重要なポイントとなります。

プレイヤーたちは脱出をするという共通目的以外に
「小目的」というそれぞれが持つ秘密の目的が3つ決定します。
脱出が成功した暁には、助け出した生存者の数に加えて
目的をどれだけ達成できていたかというポイントも加算し、真の勝利者が決定します。

特定のアイテムを持っている必要があるので
そのアイテムを手に入れるために嘘をつくプレイヤーもいるかもしれません。
ただ、そのアイテムを本当に必要としているのに疑って渡さなかったばかりに
窮地に立たされて、万が一死んでしまえば……
そう、一人でもプレイヤーが死んでしまった時点で、プレイヤー全員の敗北となります!

楽しいのはボードの見た目だけではないゲームとなっています。



 
制作:グループSNE / cosaic
author:Ryo Kawakami & Kaya Miyano
graphic:Riyo, Mana Okada
design:TANSAN & Co., Takako Hamada
ゲームデザイン:秋口ぎぐる
対象年齢:10歳以上
プレイ人数:3~4人
プレイ時間:約45~60分
  1. 2016/11/29(火) 09:24:49|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】姫騎士逃ゲテ~

 
4人で遊ぶ「非対称ドラフトゲーム」。

プレイヤーたちは姫騎士1人とオーク3人に分かれて
オークたちは姫騎士を牢屋へ入れてゲームを終えられれば勝利。

カードは姫騎士1枚・ナイト2枚・ザコオーク4枚・ボスオーク1枚のキャラカードが8枚。
これを円形に並べ、円になっている部分が回廊、円の内側が牢屋ということになります。

プレイヤーたちにはアクションカードが2枚ずつ配られ
これを最大3回まで、片方を左隣の人へと回していくドラフトを行います。
最後にそれぞれの手持ちから使わないほうを1枚選んで箱の中へ……。

姫騎士の隣にはオープンとなるカードが1枚あったり
オーク同士は情報共有がカードを無言で渡す以外にはできないので
オープンカードの動きや手元に来たカードなどから
誰がどのカードを選ぶかを推察しながらドラフトを進めていくことになります。

ドラフトが終わったらカードにある数字の順番にカードを解決していきます。
姫騎士とナイトが入れ替わるもの、オークによる挟み撃ち、姫騎士の奇襲……
様々なカードで状況が変わっていき、オークが無事姫騎士を牢屋へ送り込めるのか
はたまた逃げられてしまうのか……

基本的に姫騎士側の難易度が高めですが
良かれと思ってやったけど……!
なども、結構発生します。

1サイクルはとても短いので短時間でも楽しむことができます。




制作:数寄ゲームズ
デザイナー:円卓P
対象年齢:10歳以上
プレイ人数:4人
プレイ時間:約20分(4ラウンド制の場合)
  1. 2016/11/28(月) 09:28:27|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】DORASURE

 
2014年に発売された協力型のボードゲーム。

舞台はハヴィニア地方。
プレイヤーは、この地に住み着いた邪悪なドラゴンを倒すために集まった冒険者になって
ドラゴンを倒すために冒険へと旅立ちます。

ゲームボードは広げるとA3サイズで
各プレイヤーにはトークンを置いたりするキャラクターシートもあるので
これらを考えてプレイスペースを作りましょう。

ゲームボードへクエストタイルなどを設置して
キャラクターを決め、街から冒険がスタートします。

最初の冒険フェイズではマップ上を探索してドラゴンの住処を調査していきます。
冒険やクエストをこなしてレベルを上げて、ドラゴンとの決戦に備えていきます。
しかし、目立つ行動などはドラゴンの警戒心を高めてしまい
ドラゴンからの不意打ちを食らうことも……

ドラゴンの住処を全て調査するか、警戒心が最高になった時点で
ドラゴンとの「決戦フェイズ」へと移行します。
なお、冒険フェイズで冒険者が一人でも死亡すると敗北となります。

決戦フェイズでは、ドラゴンとの最終決戦を行います。
こちらでは、冒険者が全員死亡すると敗北になります。

冒険フェイズでの冒険や、クエストの挑戦など様々な場面で
「ピークロール」を行います。
指定された個数のダイスを振り、4以上で成功となり
成功したダイスの数で判定の成否が決まります。
6のクリティカルはダイス1つを振りたしをして、2以上が成功扱いです。
1はファンブルになり、成功数が-1となります。

基本セットには5人のキャラクターが用意されています。
ドラゴンに食われた師匠の敵討ちにきた元剣闘士、グラディエーター。
 高いライフと戦闘力が特徴。
 唯一リソースを持たないが、平地で冒険するとライフが1回復する能力がある。
 竜の財宝で手に入るマンモス肉は決戦フェイズ移行直前に自動消費され、ライフが全快します。
祖国復興のため、竜殺しの名声を求める亡国の王子、プリンス。
 教養は最も高いが、初期状態では他の能力はからっきしの王子様。
 レベルが上がると能力も伸びるが、基本的にはリソースの部下を使うことになる。
 リソースは自分のターンに上限まで回復する部下と、竜の財宝で回復する金貨の二つ。
魔獣退治で生計を立てる生活をする狩人、ハンター。
 魔銃を使いこなす万能型キャラクター。
 能力が平均的で、リソースも休息すると全快になるので非常に使いやすい。
 竜の財宝は、決戦フェイズで一度だけ出目一つを6にするベノムバレット。
悪のドラゴン退治のために大教会から派遣された聖堂騎士、パラディン。
 グラディエーターについで高いライフと戦闘力を持つ。
 リソースの信仰心は回復するために移動時の出目で最も高いものを取り除くことになるので
 どうしても移動力が低くなってしまう。
 竜の財宝で手に入る白銀の盾はドラゴンランページの効果を一度だけ無効化できる。
不死の秘薬の材料となる竜の肝臓を求めてやってきた謎の旅人、ニンジャ。
 最も高い移動力を持つ(おかげでドラゴンゲージが上がりやすい)
 リソースは森に入ると1点回復するので、高い移動力と相まって回復しやすい。
 竜の財宝、朧霞は決戦フェイズで振りたし前のピークロールを振り直せるというもので
 自分のみながら、毎ターン使用することができる。


セット内容
・メタル製ミニフィギュア 5体 ・キャラクターシート 5枚 ・ゲームボード 1枚
・トークンシート1枚 ・ダイス13個(6面体:黒6/白6/赤1) ・タブレット16個
・チャートシート 1枚 ・ルールブック 1冊

GIANT HOBBYのオンラインショップでは
メタルフィギュアに簡単に彩色できる塗料(アーミーペインター)と筆がセットになっている
「ペイントセット」が販売されています。
GIANT HOBBY ONLINE SHOP

【DORASURE(ドラスレ)】
 
制作:GIANT HOBBY
デザイナー:KTR
対象年齢:10歳以上
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約30分 [【ボドゲ】DORASURE]の続きを読む
  1. 2016/11/11(金) 09:55:50|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】タンクハンター(第二版)


1989年にホビージャパンから発売された戦車戦ダイス&カードゲームの「タンクハンター」。
そのルールを一部リファインした第二版が2014年にアークライトゲームズから発売されました。

戦車などのデータが記載されたユニットカードや、イベントカードを使い
判定はダイスを使って遊ぶ、地上戦ゲーム。
ユニットは「AFV」という装甲戦闘車両、「GUN」という兵器類、「INF」という歩兵の3種類。

<準備>
・配られた5枚のユニットカード+1枚のイベントカードの中から
 手元に残す1枚を選んで、残りを隣のプレイヤーへと渡す。
・隣から回ってきたカードから1枚選んで残りを隣へ渡す、を繰り返す。
・こうして、デッキを手元に作成する
<遊び方>
・ユニットを組んだら戦場に自分の部隊を配置する。
 このとき、お互いの戦力が不明な状態なので、裏返しに配置していく。
 カードを伏せた状態だと攻撃対象にならないが、こちらがわも索敵や攻撃なども行えない。
 戦場には「前線」と「後方」があり、主に前線のユニットで戦闘が行われる。
・まずは「開始フェイズ」を行う。開始フェイズでは次の1つの行動を選んで行う。
 伏せてあるユニットの位置を入れ替える、後方のユニットを前線へ移動させる
 手札のイベントカードを3枚捨てて自軍ユニットに置かれている補給切れチットを外す。
・次に「メインフェイズ」を行う。こちらも1つの行動を選ぶ。
 戦闘:前線配置されてオープンになっているユニットを選んで戦闘を行う
 索敵:索敵能力のあるユニットで他プレイヤーの前線の伏せてあるユニットをオープンさせられる
 待機:何もせずイベントカードを1枚山札から引く
・これを繰り返し
 1人以外が全員脱落(破壊or拿捕)する、ユニットの山が枯渇する、3枚目の絨毯爆撃カードが出る
 といった条件でゲームが終了する。
 脱落か枯渇の際には破壊or拿捕したユニットの勝利点の合計が高いプレイヤーが勝利となる。

第二版での収録戦車は
・35(t)戦車 ・マルダーIIIG型 ・III号戦車G型 ・III号突撃砲G型 ・IV号戦車D型
・IV号戦車H型 ・フンメル ・V号戦車パンターD型 ・VI号戦車ティーガーI型
・VI号戦車ティーガーII型 ・重偵察装甲車sd.kfz233 ・自走式対空砲Sd.kfz.7/1
・M3軽戦車 ・M4A1中戦車シャーマン ・M4A3E2ジャンボ ・M24チャーフィー
・M10戦車駆逐車 ・M7自走砲プリースト ・M16対空自走砲 ・T34/76中戦車
・T34/85中戦車 ・KV1重戦車 ・JS-2スターリン2重戦車 ・自走式多連装ロケット砲
・カヴェナンター巡航戦車 ・マチルダII歩兵戦車 ・チャーチルII歩兵戦車
・シャーマンファイアフライ ・クロムウエルIV巡航戦車 ・M3中戦車グラント
・セモベンテ75/18自走砲 ・フィアットM13/40 ・自走式90mm高射砲 ・八九式中戦車
・九七式中戦車 ・ルノーR40 ・ソミュアS35 ・シャールB1bis ・ラムII巡航戦車 ・7TP軽戦車
といった感じ。

コンポーネント
・カード205枚(ユニット125枚/イベント80枚/早見カード) ・ダイス2個
・マーカー類 ・説明書



【タンクハンター(第二版)】

製作:アークライトゲームズ
デザイナー:吉澤淳郎
対象年齢:12歳以上
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:10~45分 [【ボドゲ】タンクハンター(第二版)]の続きを読む
  1. 2016/05/31(火) 09:50:27|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】シドマイヤーズ シヴィライゼーション・ボードゲーム

 
世界的ベストセラーゲームの「シヴィライゼーション」をボードゲーム化!

プレイヤーたちは一文明の支配者として、世界に版図を広げるために
外交をし、戦争をし、新たなる技術を研究開発して、帝国を建設、敵の文明を征服していく。


勝利者となる条件は「歴史上最も偉大な足跡を残した文明」となること。


PCゲームにあった様々な要素がボードゲームに落とし込まれている。
ランダム生成されるマップをマップタイルで再現し、探索するまで世界の全容はわからない。

勝利条件も戦争・文明・技術・経済など多岐に渡っている。
 戦争勝利:他のプレイヤーのいずれか一人の首都を陥落させる
 文明勝利:文化レベルがMAXになる。
 技術勝利:レベル5の宇宙開発を行う
 経済勝利:コインを15枚集める
といった感じなので、誰かが軍事を強化して攻めこみそうなら
他のプレイヤーが勝利を阻止するために狙われているプレイヤーを助ける、といった感じに
一人が勝った時点で終了するのでその辺の駆け引きが生まれたり。

様々な資源もチップやカードで登場する。
技術も一気にレベル5まで発達はさせられないので
技術カードをピラミッド状に積んでいって……となっていく。

……という説明をざっくりした時点で想像ができるかもしれないけど
やっぱりでかいタイプのゲームです。はい。
会議用の長机くらいのスペースがあれば十分かと思います。

選んだ文明によって、能力などが変わってきます。
選択した文明のカードにはダイヤルのギミックがついていたりとなかなか凝ったつくり。

資源などのコマや部隊などのカードなど
本当にコンポーネントが多いことからもわかるとおり
準備時間も、プレイ時間も長めの「重い」タイプのボードゲームです。

あと、イントロというか練習にも時間かかるようなのなので
いつものように詳細な手番の紹介とかは省きます!書ききれない!!
いつか手に入れてプレイ記事という形で詳しく扱いたいなぁ……
でも、おうちにこれを広げるプレイスペースが確保できないよなぁ……



【シドマイヤーズ シヴィライゼーション・ボードゲーム】
 
製作:Fantasy Flight Games
デザイナー:ケヴィン・ウィルソン
対象年齢:14歳以上
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:
日本語版発売元:ホビージャパン [【ボドゲ】シドマイヤーズ シヴィライゼーション・ボードゲーム]の続きを読む
  1. 2016/05/30(月) 10:07:59|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】マンション・オブ・マッドネス

 
TRPGのボードゲーム化というコンセプトでも作品を出している「Fantasy Flight Games」さん。
この「マンション・オブ・マッドネス」はクトゥルフ神話TRPGのボードゲーム版というコンセプトで作られたもの。

遊ぶ時には一人がゲームマスターとなってゲームが進行していきます。
プレイヤーたちは舞台となる墓地や洋館を探索して、不可解な出来事の解決を目指す
という、とてもクトゥルフの定番なシナリオとなっています。
とはいえ、何故不可解な出来事が起きて、これから更に何が起こるかはわからない。


基本となるこのセットには
・探索者コマ8個 ・モンスターコマ24個 ・10面ダイス1個 ・小カード各種224枚
・大カード各種126枚 ・各種トークンやタイル用の厚紙シート9枚 ・マスターガイド1冊 ・ルールブック1冊

モンスターコマはかなり素敵な造形になっております。


プレイヤーは探索者を選んで、さらに4種類の能力のうちの2種類を選択。

ゲームマスターの読み上げる序章を聞いて、ゲームがスタート。
プレイヤーたちは舞台を探索し、事件解決への手がかりを探し
ゲームマスターはそれを様々な手を使って妨害を試みる。

協力型というか、ゲームマスターvsプレイヤーのボードゲーム。


ゲームマスターは事前にルールをしっかり把握しておかなければならないことと
セットアップが少々時間がかかることなど、少々大変なところはありますが
がっつりどっしり遊ぶ系のボードゲームとして歯ごたえは十分そう。

この基本セットには5本のシナリオが入ってますが、拡張セットもたくさん出ております。
また、現在詳細はまだ出ていませんが、第二版の発売が予定されています。



【マンション・オブ・マッドネス】
 
製作:Fantasy Flight Games
デザイナー:Corey Konieczka
対象年齢:13歳以上
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:120~180分
日本語版発売元:アークライトゲームズ [【ボドゲ】マンション・オブ・マッドネス]の続きを読む
  1. 2016/05/27(金) 10:12:28|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】クトゥルフの呼び声 フラックス


「30秒でルールが覚えられる」というパーティ向けカードゲームの「Fluxx(フラックス)」。
これはそのクトゥルフバージョン。

フラックスというのは、ルールやゴールがゲーム中に変化するというカードゲーム。
勝利条件の書かれた「ゴールドカード」があるが
ゲームスタート時には提示されておらず、手札や山札に隠れている状態なので
ゴールドカードが出てこないと勝利条件がわからずに誰も勝てないという……
しかも、一度ゴールドカードが出てきても、次のゴールドカードが出てきたらそっちに変更。
ルールも一定ではなく、手札を引く枚数や、手札の上限なんかもゲーム中に変わる。
そんなカオスなカードゲームが「フラックス」。


で、それがクトゥルフ神話と合わさってさらに……!!


ゴールドカードはもちろんあるけれど
条件を満たすとプレイヤー以外が勝者……つまり、全員敗北となる「アンゴールカード」とか
元のフラックスでは助けになるアイテムカードの中に
クトゥルフならではの引くとペナルティを食らう「クリーパー」なんてものが追加。
カードに「災厄アイコン」や「探索者アイコン」なんかが描かれていて
それが勝利条件や敗北条件に絡んでくることも。

お手軽にクトゥルフの世界を楽しめるカードゲームっぽいのでかなり気になる!



【クトゥルフの呼び声 フラックス】

製作:Looney Labs
デザイナー:キース・ベイカー
対象年齢:13歳以上
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約10~40分
日本語版発売元:ホビージャパン
  1. 2016/05/26(木) 09:11:11|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】ワードバスケット


前にミン族の皆さんがやっていた記憶があるこのゲーム。
JAGA(日本ゲーム協会)の会員である小林さんが作者で、JAGAが監修したのがこの「ワードバスケット」。
永岡書店から2002年に発売していたのは絶版していますが
現在はメビウスゲームズからリニューアル版が販売されております。

箱の中には
・文字カード45枚(あ~よ*1、わ*2) ・ワイルドカード4種15枚 ・ルールブック1冊
と入ってます。

ルールは簡単。
カードを使ったしりとりで、最初に手札がなくなった人が勝ち。

<セットアップ>
・場の中央に箱(バスケット)を置く。カードが入るものならトレイでもどんぶりでもなんでもOK。
・文字カードとワイルドカードをよく混ぜて、プレイヤーに5枚ずつ配布。
・残ったカードは山札となるので大体2つにわけてバスケットの両側に裏向きに置く。

<遊び方>
・山札の一番のカードを開いてバスケットにいれたところからゲームスタート。
 このバスケットに入っているカードが最初の場のカードとなる。
・プレイヤーは「場のカードの文字」ではじまって、「自分の手札の文字」で終わる単語を考える。
 ただし、文字は3文字以上の単語に限る。長音(ー)や促音(っ)、拗音(ゃ・ゅ・ょ)は一文字と数える。
・単語が思いついたプレイヤーはその単語を声に出しながらバスケットへと単語の最後の文字のカードを投げ込む。
 最後の文字が長音の場合は母音に繋がる(スキーなら「す」・き・「い」ということで、「い」のカード)
 最後の文字が拗音の場合はその文字に繋がる(いんきょ→最後のカードは「よ」)
 最後の文字が濁音や半濁音の場合は、つかない文字でもよい(インド→ドライブ→フロント)
・手番というものはないので思いついた人からカードを場に出していく。
・誰かがカードを場に出したら次はそのカードの文字で始まる単語を考えることになる。
 また、一度使った単語を何度使っても良い(ただし同じプレイヤーが連続しての使用はできない)
※しりとりは基本的に「普通名詞」となるが、有名な「固有名詞」ならOK。
 また、他の部分については参加プレイヤーで相談して決めましょう。
 問題がありそうな単語はプレイヤーが常識的に判断する。
・「ん」で終わる単語を選ぶなどするとペナルティが発生する。
 他のプレイヤーに間違いを指摘された場合は出したカードを手札に戻した上で
 山札から一枚手札に加える。(気づかれずに他のプレイヤーがカードを出した後はペナルティが発生しない)
・手札の中から単語を思いつかないときは手札をリセットすることができる。
 このときは「リセット○枚」と手札の枚数を宣言してバスケットへと投げ込む。
 手札の一番上にするカードは任意に決められるが、ワイルドカードは使用できない。
 手札を捨てたらすぐに山札から「リセットした枚数+1枚」を取って、それが新しい手札になる。
・手札が残り1枚になったプレイヤーは「リーチ」と宣言する。
 宣言を忘れて他のプレイヤーに指摘されたら山札から1枚手札に加えるペナルティが課される。
 この場合は上がった後で指摘されてもペナルティが発生する。
 また、最後の単語のみ「4文字以上」という制限がつく。
 手札を使いきったプレイヤーが現れたらゲームが終了する。
 
<ワイルドカードについて>
ワイルドカードには「ワイルド5」「ワイルド6」「ワイルド7+」「ワイルドライン」の4種類。
ワイルド5・6・7+はそれぞれ、場のカードで始まって数字の数の文字数の単語なら何でも出せるというもの。
5なら5文字、6なら6文字、7なら7文字以上(8文字でも9文字でもOK)。
これが出されたら場のカードはワイルドが出てるが、次の文字は宣言した単語の最後の文字となる。
(場に「ふ」があって、ワイルド5を「ふぇれっと」で出したら、次の文字は「と」になる)
ワイルドラインには「あ行」「か行」などの行がかかれていて、その行のどの文字としても使える。


意外と単語が思い浮かばなくて苦戦したりしそう。
また、小さい子と一緒に遊ぶためのハンディキャップとして「2文字以上(最後だけ3文字)」とか
やったら強い人はハンデとして「4文字以上(最後だけ5文字)」とか
そういう縛りをつける感じでやりましょう。

ゲームに関する単語とか
集まりによってそういう特殊ルールにしても面白いのかなw



【ワードバスケット】

販売:メビウスゲームズ(リニューアル版)
監修:JAGA(日本ゲーム協会)
デザイナー:小林俊雄
対象年齢:10歳以上(ルールにより6歳以上)
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:約10分 [【ボドゲ】ワードバスケット]の続きを読む
  1. 2016/05/25(水) 10:08:34|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】アルカディアの建設(Arkadia)


ギリシャの都市「アルカディア」が舞台で
プレイヤーたちは建築家となって都市の建設を行うというボードゲーム。

うん。れおなさん箱庭造りとか大好きだから
どうしてもこういうゲームばっかり気になるんだ!!

アルカディアでは4つの勢力が都市で最も重要な砦の建築を請負競争しているので
プレイヤーたちは彼らの家を建築して
完成時に報酬としてそれぞれの勢力の「ファミリーの紋章」を受け取る。
紋章はそのファミリーが砦の建築に貢献しているほど価値が上がっていく。
家を建て、紋章を手に入れ、紋章の価値が高い時に売り払って換金する。
最終的に最もお金持ちのプレイヤーが勝者となる。

<遊び方>
・手番開始時に「建物カード」を出すか、「労働者駒」を配置するかのどちらかを行う。
 「建物カード」を出す
 →建物カードには建物の形と4大ファミリーのうちのいずれかを示す紋章がついている。
 手札から建物カードを場に出したら同じ形の建物タイルと描かれている紋章をゲームボードに配置する。
 このとき、ゲームボードに描かれているキャンプ地に配置すると中立の労働者駒を手に入れられる。
 「労働者駒」を配置する
 →プレイヤーは手元に自分の色の労働者駒と中立の労働者駒を持っていて
 配置する場合は既に配置されている建物タイルを1枚選んで、その周囲の空いているマス1につき1個ずつ
 手元から任意の数だけ労働者駒を配置できる。
・建物カードを出すか、労働者駒を配置することでボード上の建物タイルの周囲が全て埋まると
 その建物は完成したとみなされ、完成させたプレイヤーはタイルの上に置かれているファミリーの紋章を獲得できる。
 また、完成した建物に隣接している場所に自分の色の労働者を配置していた場合は
 協力した報酬として自分の駒一つにつき一つのファミリーの紋章が獲得できる。
 全プレイヤーが紋章を獲得したら手番プレイヤーはさらに砦コマを完成させた建物の数だけ
 中央の砦建築エリアに配置することができる。1段目からスタートし、1段目が完成していたら2段目に配置する。
 砦コマの上部には4大ファミリーに対応して4色の紋章が描かれているので
 任意のファミリーの砦コマを選んで配置することができる。
・家が完成してもしなくても、プレイヤーは自分の手番の最後に集めたファミリーの紋章を換金できる。
 ファミリーの紋章1つの価値は、砦の上から見て、見えているファミリーの紋章の数による。
 4つ見えていれば4金の価値、ということになる。
 1回に好きなだけ換金が可能だが、換金可能なタイミングは手番時に4回と最後の1回の5回となっている。

<ゲームの終了>
・砦の2段目が完成したらゲームが最後の一周となり、各プレイヤーは最後の手番を進める。
 この際に建物が完成したら3段目として配置していくことができる。
・最後に残ったファミリー紋章を全て換金して、最もお金持ちのプレイヤーが勝利。



【アルカディアの建設】

製作:ravensburger(ラベンスバーガー)
デザイナー:Rüdiger Dorn
対象年齢:10歳以上
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:45~60分以上
  1. 2016/05/22(日) 09:50:40|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ボドゲ】すきもの


以前、密林探索してたら見かけて、気になったものです。

茶道具屋の主人のため、日本全国から茶器を買い付ける、というゲーム。
こういう、和のテーマのゲームが最近気になりますね。
お庭の次はお茶ですかね。

<セットアップ>
コンポーネントとして希望品一覧のゲームボード、1~10両の小判トークンが72枚
1~6の番号札、品物カードや地域カード、1・2・5・8・10両のカードなどカード類237枚があるので
それぞれを配置します。

<遊び方>
・茶器屋の主人が求める品物と買取価格が提示される
・毎ターン5両の給金が配布される
・番号札順に行きたい場所を決めて、番号札を返却
・全員の行き先が決まったら、一斉に商品の買い付けを行う
・商品の買い付けが終わったプレイヤーから番号札を取り、全員の買い付けが終わったら各々が支払いを行う
 (※場合によっては所持金の多い人から番号札を取るなどの変更も)
・番号札の順番で主人に商品を買ってもらえるが
 主人が手に入れた商品は買い取り額が下がり、買い取りが終了することもある。
・全員が売却を終えたら主人の求める商品が変化し、以前から求めている商品は価格が上がる。
・一番最初に50両を稼いだプレイヤーが勝者となる

お庭を作って茶器を集めて……和を感じる?



【すきもの】

製作:グランディング
デザイナー:
対象年齢:9歳以上
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分
  1. 2016/05/20(金) 10:40:54|
  2. 非電源ゲームカタログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

プロフィール

大村レオナ

Author:大村レオナ
アイマスガールズ大好きなミン族。
Pな気がするけど、経緯が経緯なためか
担当アイドルと言われてもティンと来ない。
765アイドルみんな好き。876もジュピターも。
デレマスアイドルも好き。

アド:leona_oomura☆outlook.com(☆=@)

主にやるネトゲのキャラは↓
RO : Lif鯖(旧Verdandi/メイン)
 ♀:100皿/100AB/95影葱
  :79占/79クリエ/96魔/29盗
 ♂:64BS/65修/70暗/57騎/67鳥/37忍 他
 Radgrid鯖(旧Fenrir/元メイン)
 ♀:96暗/85修/71BS/66賢/52錬/30盗
 ♂:80鳥/72聖/83賢/52魂 他
FEZ : Jeremiah(元D)鯖ネツァワル王国
 40短剣/38 弓/33火皿
 37両手/31片手/31雷皿
 34 笛/32セス/?? 銃
 30大剣/24氷皿/28重力
 21隕石/24盾皿 他国サブ有
LWO : マイリー
↓ほぼ休止。たまにやる。
Mabinogi : タルラーク鯖(メイン)
 戦闘特化/生産特化/小熊/白蛇
 他倉庫状態のサブ垢
 マリー鯖(サブ)
 二刀魔法剣士/演奏家?
WO : アルバロア鯖(旧ナイトカイト/シュナト)
 ♀PorTHI/♂DwaTHI/♀ElfMAG
 ♂HumFIG
MHF : サーバー2
アスガルド : イア鯖
ルーハー : アトリア鯖
LS : クラウド鯖

リンク

このブログをリンクに追加する

棚(ブクログ)

XBOXGamerCard

PlayStationTrophyCard


Get your Portable ID!

カテゴリ

◆目次 (5)
大目次 (1)
小目次 (4)
◆日記 (276)
日常の出来事 (118)
おでかけ日記 (146)
歯医者さん記録 (11)
肩骨折の介護記録 (0)
◆社寺・御朱印 (36)
社寺・御朱印アレコレ (3)
社寺情報 (4)
御朱印・参拝の記録 (29)
◆声優関係 (30)
◆レポのようなもの (101)
◆ゲーム[全般] (8)
ゲームのアレコレ (4)
ゲームカタログ (3)
◆オンラインゲーム (913)
オンラインゲーム 色々 (2)
RagnarokOnline (529)
Fantasy Earth ZERO (300)
マビノギ (10)
ロードス島戦記オンライン (5)
ルーセントハート (7)
モンスターハンターフロンティア (1)
WizardryOnline(終了) (7)
SDガンダムCFO(SDGO)(終了) (3)
MonsterFarmOnline(終了) (24)
MonsterFarmLagoon(終了) (21)
ルビニアサーガ(終了) (2)
ValkyrieSky(終了) (2)
◆PCゲーム (79)
PCゲーム 色々 (2)
Minecraft ( PC / NS ) (6)
Stronghold (4)
GTA SA (2)
MUGEN (2)
ブラウザゲーム 色々 (1)
艦隊これくしょん (43)
刀剣乱舞 (17)
クッキークリッカー (2)
◆コンシューマ[据置/携帯機] (324)
家庭用ゲーム 色々 (32)
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド (26)
アイドルマスター(無印) (1)
アイドルマスター2 (3)
アイマス シャイニーフェスタ (4)
スプラトゥーン2 (71)
Assassin's Creed (2)
Assassin's Creed 2 (11)
Assassin's Creed Brotherhood (6)
Assassin's Creed Revelations (2)
Assassin's Creed 3 (1)
幻想水滸伝 (14)
幻想水滸伝2 (13)
モンスターハンターP2G (5)
モンスターハンターP3 (5)
モンスターハンター4 / 4G (11)
モンスターハンタークロス / ダブルクロス (14)
とびだせ どうぶつの森 (46)
コープスパーティーBR (2)
無双シリーズ (1)
コラボ無双シリーズ (3)
牧場物語ハーベストムーン (1)
マリーのアトリエ (6)
ぬし釣り64 (1)
ドラゴンクエスト5 (16)
ドラクエヒーローズ (15)
ドラクエヒーローズ2 (6)
聖闘士星矢戦記 (4)
ロストプラネット2 (2)
◆モバイル/iPhone (496)
iPhoneアプリ 色々 (3)
アプリゲーム (21)
モバゲー/ グリー (19)
アイマス モバイル(終了) (2)
アイマス シンデレラガールズ / デレステ (110)
アイマス ミリオンライブ / ミリシタ (17)
アイマス SideM / エムステ (5)
グランブルーファンタジー (110)
Fate/GrandOrder (48)
ぷよぷよ クエスト / タッチ(終了) (58)
ポケモンGO (17)
ファイアーエムブレムヒーローズ (15)
スーパーロボット大戦X-Ω (18)
テイルズオブアスタリア (5)
シャドウバース (14)
Wizardry Schema(終了) (28)
メルファリアマーチ(終了) (4)
ひぐらしのなく頃に 贄捜し編/心崩し編 (2)
◆非電源ゲーム (95)
非電源ゲーム 色々 (1)
非電源ゲームカタログ (37)
TRPGカタログ (8)
卓ゲプレイ記 (49)
◆制作物 (4)
◆その他 (22)
◆キャラ紹介とか (15)
◆リンク (10)

最近の記事

コメント

トラックバック

バナー

0023_CPサポーターズアイコン

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

足跡

著作権等

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 / ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. / Amazon.co.jpアソシエイト